育毛剤人気ランキング| 脱毛症の種類

粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症とは 

粃糠性脱毛症とは、乾燥した大量のフケが毛穴を塞ぎ、雑菌などの繁殖で頭皮に炎症を起こしたりすることで生じる脱毛症のことです。 粃糠性脱毛症の原因は、第一に、ホルモンバランスの変化などの影響から来る頭皮の雑菌の異常な繁殖です。 これらの雑菌は、頭皮の角質異常によるフケの大量発生により、毛穴周辺が塞がれてしまうことで生じると言われています。

このフケは、新陳代謝によって頭皮の角質細胞がはがれたものであり、頭皮の垢と呼ばれています。 粃糠性脱毛症の場合のフケは、通常のフケと違ってフケがかさぶた状になっており、これらが大量に発生し、頭皮の毛穴という毛穴を塞いでしまいます。 育毛サロンなどでしばしば診断される粃糠性脱毛症の多くが、ただのフケ症です。粃糠性脱毛症は症状がひどく、この状態に至る人は脂漏性脱毛症と同様に稀です。 ただし、本当に粃糠性脱毛症になってしまった場合は、頭皮の炎症をただちに抑える必要があるため、アミノ酸系の育毛シャンプーに切り替えたり、必要な育毛改善をはじめたりと、適切な対処をする必要があります。

粃糠性脱毛症の治療法 

粃糠性脱毛症を治療するためには、まず、頭皮の雑菌繁殖を抑える必要があります。 頭皮の雑菌は、粃糠性脱毛症特有のフケが大量に発生し、毛穴を塞ぐことから生じています。そのため、治療には、この大量のフケを抑えることが先決です。 ただし、フケには「脂性フケ」と「乾性フケ」の二種類があるため、それぞれに応じたケアをする必要があります。

「脂性フケ」の場合は、皮脂の過剰分泌を抑えるために、スカルプDのオイリータイプや、アミノ酸系の育毛シャンプーを用いて毎日洗髪を行います。 頭皮の異常な脂が抑えられ、フケ症がかなりの割合で抑えられます。結果として、毛穴の詰まりや汚れが除去され、頭皮を清潔に保つことが可能となります。 「乾性フケ」の場合は、そもそも皮脂が少なすぎるため、シャンプーをしっかりとすればするほど状態が悪化します。そのため、この場合は頭皮の保湿がひじょうに重要な要素となります。 育毛剤は、保湿を重視した「柑気楼」などを選び、シャンプーも乾性用のもの(スカルプDの乾性タイプなど)を選ぶようにしましょう。

HOME > 脱毛症の種類:粃糠性脱毛症